予防・ワンにゃんドック

予防

飼い主さんへ

ワクチン接種投薬で予防できる病気があります

人間と同じように、わんちゃん、ねこちゃんにも怖い感染症がたくさんありますが、中にはワクチン投薬を接種することで予防できるものもあります。当院では以下の項目に関して予防を推奨しております。事前に対策を行い、大切な家族を守ってあげましょう。

狂犬病ワクチン ¥3,240

法律で接種が義務化されています。1年に1回の接種が必要です。

狂犬病ワクチンの接種は、法律で義務化されています。現在、日本に狂犬病のわんちゃんはいないと報告されていますが、海外からいつウイルスが侵入してもおかしくありません。必ず予防を行うようにしましょう。飼い主さんのご理解とご協力をお願いします。

混合ワクチン 犬 ¥6,480〜・猫 ¥4,320〜

流行可能性のある病気の予防接種です。

狂犬病と異なり、現在、流行する可能性がある病気に対する予防接種です。わんちゃん同士、ねこちゃん同士、または環境が原因となって感染する危険性があり、中には死亡率がとても高い病気もあります。

フィラリア予防(犬・猫)

蚊が媒介する寄生虫で、命に関わることもあります。

フィラリアとは、蚊が媒介する寄生虫です。感染すると心臓の中に素麺のような虫が住みつき、疲れやすく、元気が無くなったり激しいせきや心不全による腹水・胸水の貯留などが起こります。小型犬の場合、少数の寄生でも命に関わることもあります。
まれに猫にも感染することがあり、寄生数がごくわずかでも命に関わることがあります。
月に1度のお薬投与で予防できます。

ノミ・ダニ予防(犬・猫)

かゆみだけでなく、アレレルギーを引き起こしたり、他の寄生虫などが感染することもあります。

外に出かけるわんちゃん・ねこちゃんはもちろんのこと、お出かけをしなくても人が持ち帰り、寄生することがあります。ノミについては、感染後、早ければ数日で産卵し、増殖します。かゆみだけでなく、アレルギー性皮膚炎を起こす場合もあります。人にも寄生するため注意が必要です。

ワンにゃんドック

若い子は年に1度、7、8歳からは年に2度の受診をお勧めします

動物は人間よりずっと早いペースで老化します。病気の早期発見がその動物の健康な生活維持につながり、少しでも長い時間飼い主さんと一緒にいられると考えます。また、若く健康な状態での健康診断の情報を蓄積することで、その動物だけの基準ができます。その結果、より小さな異常をより早期に発見できる可能性が高くなります。

若い子は年に1度、7、8歳ころからは年に2度、ワンにゃんドックを受けることをお勧めしています。

ご予約・ご相談はお気軽に

練馬区で動物病院をお探しなら当クリニックにお任せ下さい
受付時間 9:00~12:00、16:00~19:00
ホームページを見たとお伝え下さい

tel:03-6796-8520

sp_bottom01.png