HOME > Q&A

Q&A

ペットをいつ健康診断に連れて行けばよいのでしょうか?
新しく迎えた子については、年齢に関係なく出来るだけ早くご来院ください。
これは単に飼い主さんの新しいペットが健康であることを保証するだけではなく、あなたの家族に病気をうつしていないという確認にもなります。
また、1歳以上の成犬や成猫については少なくとも1年ごとに検診を受けさせましょう。
(7歳以上の)シニアペットや慢性疾患のあるペットについては、少なくとも年に2回は検診に行きましょう。犬や猫の1年はおよそ人間の4年に相当します。

フィラリア症って何ですか?
フィラリア(犬糸状虫)という虫が、蚊を媒体にしてペットに伝染し、心臓や血管に寄生し、成長する病気です。
これらの重要な器官にフィラリアが寄生することはペットにとって致命的になります。

どうしてノミ・ダニは発生するの?
ノミやダニは驚くほどに多く繁殖します。
一匹のメスのノミは一日におよそ30個の卵を産み、100日余りもあなたのペットの上で生息し繁殖することができます。卵はカーペットや家具類の上に落ち、そこで8ヶ月余りもの間休眠状態に入ることができます。
予防してあげる事が大切です。

動物病院の薬はペットショップ等で売っている薬と同じですか?
違います。
動物病院で販売されているお薬は、農林水産省の処方指示薬が成分中に含まれている為、一般のペットショップでは販売することは出来ません。
当院が処方する薬は効果の高い安全な薬を処方しています。また、当院では各ワンちゃん、ネコちゃんに合せたフードもご紹介しています。

歯石・歯周病はどうすればよいのでしょうか?
歯周病は人間同様ペットにも大変辛いものです。
よだれをたらしたり、かたいものを食べた時に痛がる、口臭がひどくなった場合は歯槽膿漏の可能性もあります。歯を抜く必要があるのかどうか、歯石の除去だけでいいのか判断が必要になります。

毎年歯のクリーニングに連れて行く必要がありますか?
歯のクリーニングはペットにとって有効なものなのです。.
早く発見することで、早期の虫歯治療は簡単にできます。おうちでのケアーが重要ですから一度歯磨きの方法など相談にいらしてください。

歯のクリーニングする間ペットは麻酔をされるのでしょうか?
ヒトとは異なり動物は口を開けてじっとはしてくれません。以下の理由もあり、当院では麻酔下にて歯石除去を行います。

①嫌がる動物を無理やり押さえて行う歯石処置にはトラブルが起こりりやすい
 暴れて怪我をするかもしれません。歯石除去には先の尖ったスケーラーなどを使用します。これが歯肉に突き刺さったり、場合によっては目などにささってしまうかもしれません。
 また、押さえつけらることで、その後の自宅での口腔ケアをこれまで以上に嫌がってしまいます。
②歯石は外から見える部分は氷山の一角であり、最も大事な部分は歯周ポケットの中にあります。この歯周ポケットの歯石、歯垢を綺麗に取り除くことは無麻酔処置では不可能です。
③歯石処置は多少なりとも痛みを伴います。無麻酔、非鎮痛で行うことは拷問です。

痛みの少ない安全な歯石処置にはどうしても麻酔が必要となります。
麻酔をかけることには抵抗がのある飼い主さまもいらっしゃるかとは思います。気になる方は、ご相談にいらしてください。

麻酔は危険ですか?
麻酔による危険性は必ず伴うものですが、現代の麻酔は非常に安全なものとなっています。
当院では術前の一般検査や血液検査による健康診断を行い、目に見えない問題がないか 確認します。手術中は麻酔下でペットの心電図などをモニターで監視し、手術後は麻酔から完全に覚めるまでスタッフが注意深く監視します。
しかし、想定できない事態も起こる可能性があります。麻酔をしなくてすむにこしたことはありませんが、手術や痛みのある処置では麻酔が必要になります。
年齢や持病、健康状態によってリスクは変わりますので一度ご相談ください。

手術は痛くありませんか?
医療処置を行う上で多少痛みが伴うこともあります。
当院では痛みを最小限に抑えるため、最新の薬剤や医療機器を導入し先進医療を行っています。

ネットで売っているお薬や食事は安全ですか?
現在、インターネットで一般食意外にも予防薬、処方食、サイトによってはお薬も販売されています。
中にはこれらを有効にご利用いただいている飼い主様もいらっしゃるかと思いますが、時としてこれは大変危険な行為となります。

 処方食、お薬はその動物の状態、その他さまざまな理由で変更、中止することがあります。また、基礎疾患などがある場合には、病気を悪化させるもの、効果が望めないものもあり、使用には慎重をきさねばなりません。定期的に専門家である獣医師の診察を受け、適切なお薬、処方食を選択してもらうことが大切です。
 また、予防などで年に数回でも動物病院を受診していただくことで、早期に病気を見つけたり、食事指導などを行うことが出来ます。ちょっとした変化をお伝えいただくことで、早期発見早期治療、早期改善につながることも決して少なくありません。
 

過去の実例
 ・膀胱結石後の食事管理により結石が再発したワンちゃん
結石の手術後、ある処方食を食べるよう指示された。その後は病院には行かずにネットで数年間指示された処方食を与えていた。その後当院にて尿道結石で来院。検査、手術の結果別のタイプの結石が発生し、症状を発症したことが分かった。
 point: これは、動物病院での定期検診を怠った結果発症しています。定期検診をしっかり行い、適切な食事に変更すれば避けられただろうと推察されます。
 
 

 ・フィラリア予防薬をネットで購入していたワンちゃん
 動物病院には行かずに、ネットにて安いフィラリア薬を購入していた。投薬後体調に異常を感じ動物病院へ。問診により以前から咳が出ていることが分かり、検査をお勧めしたところフィラリア陽性。フィラリア陽性時に安易な投薬を行うと、アレルギーによる症状をだすことがあり、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こしなくなってしまうことがあります。
 point: 今回はフィラリア投薬前に検査を行わなかったこと、数年間病院に罹っていなかったことで起こったものと思われます。予防などを病院でしっかりと行い、定期的に通院していれば避けられたかもしれません。せめてフィラリア検査はしておくべきだったと思います。
 
 

 これらはあくまで一部の例ですが、他にもさまざまなトラブルを起こしかねません。勿論すべての場合にトラブルが起こるわけでもありませんが、飼い主様には十分お考えになったうえでネット販売をご利用いただきたいと思います。
お手軽なインターネット販売ですが、医療に対してはあまり安易に使用するべきではないと感じています。

嘔吐、下痢の症状が・・・。
1度吐いた(下痢した)というだけで、あわてて動物病院へ行く必要はありませんが、その後食欲がなくなったり、元気がない、数回症状がでる場合は病院に連れて行ったほうが良いと思います。
その際下痢であれば検便のため便を持参していただくと診断の助けになると思います。嘔吐の場合はどのようなものを吐いたのか良く観察しておいてください。
下痢や嘔吐は病気の基本的な症状ですので、原因を見つけるのが難しい症状です。その他に併発している症状があるか、食欲があるかはとても大切な事になりますので、よく観察してあげてください。

データを入力して下さい