院長ブログ

2016年7月22日 金曜日

甲子園

 ここのところ雨が続きますね。

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私は小豆島出身です。地図帳で見ると瀬戸内海にぽつんとみえる小さな島です。生まれてから高校卒業する18歳まで小豆島で過ごしました。手前味噌ですが自然豊かな素敵な島です。そして出身高校は小豆島高校。そうです、野球部は春に21世紀枠で選抜に出場しました。公立の小さな学校のためもちろんセレクションなく、選手みんな島の子です。部員全員で17人(多分・・)。全員ベンチ入りできちゃうような人数の少ない部です。それでも春の県予選では選抜の準優勝校「高松商業」を破って優勝。選抜での結果は1回戦で敗退しましたが、再度夏の甲子園を目指して県予選を戦っていました。3回戦まで勝ち上がり、昨日は準々決勝。尽誠学園との試合。甲子園に全く興味のない私もさすがにスマホで速報をチェックチェックです。結果は2-6で敗退。残念でしたが、選手並びに関係者の方々お疲れさまでした。
 私は島を離れて20年、もう島で過ごした年数より関東にいる年数のほうが長くなりました。正直現在の小豆島のこともよくわかりませんし、母校のことも全くわかりません。ましてや野球部のことなど全くもってわかりやしません。選手の顔もネットやテレビ以外では見たこともないんですよ。でもね、SNSでの島の人たちの投稿やら甲子園での応援を見ていると、あの子達は島の人みんなに夢と希望をもたらしてくれたんだとつくづく感じるわけです。来年には我が母校は少子化に伴い島にもう1つある高等学校と統合されます。現在新しい学舎は工事の真っただ中。最後の最後にどでかい花火を打ち上げてくれたわけです。私はすっかり島から遠ざかってしまいましたが、1人のOBとして感謝です。ありがとうー。
 来年は2校が合併してパワーアップして改めて甲子園目指して頑張ってくれることでしょう。選手監督はもちろんのこと、ここまで関係者の皆さまも大変な努力とお時間を費やしてきたことと思われます。私には想像もつきません。しかしこの旅が終わることはないのでしょうから、またこれからもご苦労となることともいます。島の皆さんの期待も大きいことから大変だろうとお察しいたしますが、頑張ってくださいねー。
 そしてファンが多いからか、どうしても高校野球が目立ってしまいますが、野球以外で頑張っている子達もたくさんいることでしょうから、みんな同じように応援していきましょうね。

 私もOBとしてこの快進撃にパワーをいただきました。最後にしつこくて申し訳ないのですが、あざーっす。


投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: