院長ブログ

2014年9月24日 水曜日

臨床病理院内セミナー第2回

 昨日、H先生の第2回臨床病理院内セミナーをおこないましたschool

 昨日は症例検討会と細胞診のレクチャー。症例検討会というのは自分の病院で困った症例や判断に悩んだ症例のデータを持ち寄りみんなでそれを検討考察、さらに今後の治療方針を立てて行きます。3人寄れば文殊の知恵、10人集まれば、さらに専門家がいれば。すっきりします。一般の開業医の先生もそれぞれに専門や、得意分野があり喧々諤々の議論になったりすることもあり、勉強になるんですよ。
 細胞診というのはなかなか聞きなれない方も多いかと思いますが、腫瘍などの検査で行うものです。これは安くそして迅速に行うことができる、腫瘍診断(腫瘍に限らずですが)のファーストステップとなる検査の一つです。ただ顕微鏡をのぞくだけなら誰でもできます。いかに上手に採材し、そこからどれだけ多くの情報を得ることができるかが大事なんです。昨日のセミナーに参加された先生方は確実にスキルアップしたこと間違いなしです。早速今日の診療に役立っていることでしょう。
 

 これは自分のスキルアップは勿論のこと、近所の若手の先生や友人たちとともに医療レベルの向上を図って開始したセミナーです。何の仕事でもそうなんでしょうが、獣医療も日進月歩。そして勉強して色々なことを知れば知る程に新たな課題が出てきます。勉強をやめたとらあっという間に取り残されて化石のような獣医師になってしまいます。10年一昔、いやいや3年で大昔です。当院のセミナーに参加してくださっている先生は化石にならないように常にセミナーに参加したり、毎日机に向かって頑張っている先生ばかりです。みんなで少しでも地域の医療レベルを向上させ、良い獣医療をご提供していくため継続していこうと思います。当院では他のセミナーもどんどん開催していきたいと思っています。今月は残り4つセミナーに行ってきます。(頑張ってるアピールですcoldsweats01)立ち止まらず常に進化していきたいです。

参加いただいた先生方、お疲れ様でした。また次回もご参加ください。
 参加いただいた病院様(50音順)
  ・シンシア動物病院 様(神奈川県綾瀬市)
  ・たんぽぽ動物クリニック(神奈川県横浜市)
  ・練馬テイルズ動物病院(練馬区)
  ・ひだまり動物病院(埼玉県所沢市)
  ・ペアン動物病院(練馬区江古田)
  ・堀江動物病院(茨城県)
  ・マミー動物病院(東京都)

投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: