院長ブログ

2013年3月13日 水曜日

3.11

 3.11から二年が過ぎ、1昨日、昨日とテレビでも様々な報道、特番が組まれ改めて現状を知る機会を得ることが出来ました。風化させてはいけないと思いながらも毎日の生活に追われ忘れていたものを思い出させてくれました。
 マスコミというものはどうも一部のキャッチなものを過大報道し、アンバランスな報道が多いと感じており、鵜呑みにできないものだと常々感じておりますが、報道を見る限り復興が思っている以上に進んでおらず、被災者の方々は住民置き去りの復興計画に振り回され、むしろ活力を吸い取られるような状況にみうけられました。お上はお上で言い分もあるだろうし、一生懸命頑張っている方々もたくさんいらっしゃると思いますが、何とかうまくやっていただきたいものです。少なくとも税金は正しく使ってもらわないと困りますし、被災者の方々が希望をもって生活ができるように取り組んでくれるよう願います。一日でも早い復興と安心して暮らせる日々を得られるよう祈るばかりです。
 私も自分に出来ることは何かをよく考え、継続した支援活動を考えていこうと思います。
そんなわけで、とりあえずは当院では2年前から行っている被災地の動物保護団体への寄付を続けていきます。今年も狂犬病接種料金の一部を寄付いたしますので、当院の考えにご賛同いただける飼主様は是非当院での接種をご検討ください。


投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: