ヨメブログ

2013年1月16日 水曜日

冬の風物詩、霜焼け。

こんにちは。
成人の日はここ何年かで一番の積雪、子供たちは喜んで遊んでいました。
踏み固められた雪が何日も残るので、大人にとっては厄介なことこの上ないのですが。

私は末端冷え性なので、冬場は手先や足先が氷のように冷たくなります。
小さいころから毎年のように足の指に霜焼けが出来るのですが、同じような、いえ、もっと真っ赤な指をした人を見つけました!
次女汐音です。
右足の人差し指が真っ赤に腫れあがってとても痛痒そうです。
いつも冷たい手足をしているところもそっくりで、良からぬ遺伝子がそっくりそのまま引き継がれています*

この先ずっと冷たい手足に悩むことになるんだろうなと思うと申し訳ない気持ちになります。

が、しかし。
こんなに寒いのに家に帰ってくるとすかさず靴下を脱ぐあたり、それほど寒さ・辛さは感じていないのかもしれません。

靴下重ね履きが基本の私には全くもって理解できない冬場の裸足です。


投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: