院長ブログ

2011年12月16日 金曜日

おしっこ、ちゃんと出来ていますか?

 ここにきてまた一段と寒くなりました。
 

 寒くなるとよく見ることになる病気の1つにネコちゃんのおしっこ病がありますcat。猫の下部泌尿器症候群なんて言われています。冬になると寒さのためあまり動かずじっーとして活動性が低下します。飲む水の量も減っていきます。その他いろいろな理由が重なり尿の中に結晶や結石ができやすく膀胱炎、尿道結石をおこしやすくなります。時には尿管や腎の結石を伴うこともあります。
 チェックsign01ここを気を付けて
 症状はトイレに行く回数が多い、でも1回の尿の量は少ない、トイレでずっと気張っている、トイレ以外でおしっこをする、尿が赤い、結石が詰まると尿が出なくなり、どんどん具合が悪くなり、放っておくと数日で亡くなってしまいます。特に男の子は尿道結石が起こりやすいのでご注意ください。
 普段の行動、トイレの掃除のときにおかしいなと思ったらすぐにホームドクターを受診しましょう。
 
また日頃から定期的な尿検査が病期を未然に防ぐことになります。どんな病気もそうですが、予防に勝る医療なし。そして早期発見早期解決です。good

投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: