院長ブログ

2011年4月 1日 金曜日

狂犬病予防

 今日は4月1日、新年度の始まりです。
そして狂犬病予防接種が始まります。今回は狂犬病予防接種について簡単にご説明します。

狂犬病はラブドウイルスという病原体により感染する、発症すると致死率100%と言われる恐ろしい病気です。日本は島国であったことも幸いし、現在清浄国(狂犬病がないってことです)となりました。しかし世界をみてみると毎年数万人の人が狂犬病により命を奪われているというのが現状です。今は船、飛行機などで簡単に他国に行けるようになり大変便利な世の中になっています。その結果清浄国日本にもいつまた狂犬病ウイルスが入ってきてもおかしくはない状況になっています。(実は入ってきているかもしれません。)そうなったときに蔓延を防ぐために予防接種があります。70%のワンちゃんが予防をしていただければ流行は防げると言われています。しかし現状は接種率40%以下です。
 もし感染が確認された場合には大切なご家族が殺処分となってしまいます。また喧嘩、人を誤って咬んでしまったときにもトラブルが大きくなってしまうことがあります。

 これを改善していくには飼い主の皆様の高い意識とご理解が必要です。可愛い家族のため、そして他のワンちゃんのためにも予防接種をお願いいたします。

《動物病院でも接種可能ですsign03
 集合注射だけではなくお近くの動物病院でも接種可能です。「集合注射は感染、喧嘩、逃走の危険があるから行きたくない。」「知らない先生に接種もらうのはどうも・・・。」なんていう方は是非最寄りのホームドクターをご受診下さい。ただし、価格は病院によりまちまちですから初めての方はご確認をお勧めいたします。
ちなみに当院での接種料金は診察料込で¥3000(税別)です。*区への登録料(¥3000)、済証代(¥550)は別途必要となります。

*当院では今年度の狂犬病予防接種料の一部を被災動物の義援金として寄付いたします。


投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: