院長ブログ

2011年3月20日 日曜日

被災地の動物たち

msn産経ニュースより
 被災地の動物たちの写真と記事が掲載されていました。

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/Earthquake/201103/17/pet/

仮設住宅などでは動物を入れては行けない場所もあるようです。何とかして許可してもらえるよう行政にうったえている団体もあります。賛否両論あるでしょうが、私個人としては何とか良い形を見つけて許可いただきたいと思います。

 



投稿者 たかはし動物病院 | コメント(3)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

コメント

 震災へのコメントでなくてすいません。
さきほど電話しました 山梨の 山本です。
明日 万が一のときは どうかよろしくお願いいたします。

3月23日の検査結果です
18歳 オス 3.27kg
BUN 41
クレアチニン 3.6
アンモニア 10
TCHO 147
TBIL 0.2
IP 3.4
ALB 2.9
GOT 51
GPT 98
Na 152
k 3.7
cl 119
PCV 33
TP 8.0

4年前から慢性腎不全
1年6カ月前から自宅皮下輸液 1日2回 1回100-150ml

心雑音なし レントゲン異常なし

以上 

Posted by 山本公子 2011年3月25日 金曜日

山本様
MRIは無事に撮影できたように先生からご連絡いただきました。良かったですね。
画像センターの先生もとても優秀な先生ですから、大丈夫かとは思っていましたが連絡を聞いて安心しました。腎不全、発作と大変でしょうけれど一生懸命山本様もネコちゃんも頑張っているかと思いますので、ホームドクターの先生としっかり連絡を取り合いベストな治療を続けてあげて下さい。一日でも長く元気でいられるよう願っております。

Posted by たかはし動物病院 2011年3月28日 月曜日

検査当日には キャミックに連絡を下さり、愛猫 まぐろ のことをご心配くださっていることを検査の担当医から聞きました。
見ず知らずの飼い主に対して やさしく暖かいご好意に感謝いたしました。
これで万が一があっても大丈夫と 本当に勇気つけられました。
本当に 本当に ありがとうございました。

残念ながら 3月29日午前8時45分 愛猫 18歳5ヶ月 永眠いたしました。
脳が腫れているということが判明し、これから治療をすると思っていた矢先でした。
27日夜に急変し夜中に意識混濁になり、28日朝にマニトールなど措置していただきましたが・・そのまま 意識は戻りませんでした。
せっかく検査でわかったのに とても残念です。

少し落ち着きましたので、ここで経過のご報告をさせていただきました。

先生のような心あるプロの獣医師がいることを知れたことに感謝いたします。

ありがとうございました。

Posted by 山本公子 2011年4月 7日 木曜日