ヨメブログ

2011年3月 7日 月曜日

私が受験生だったころは...

こんにちは。
今日は雪ですね*
天気予報で「明日は雪だ!大雪だ!」などと騒いでいないときのほうが意外と積もったりするものですね。

ここのところ騒ぎになっていた京大のカンニング事件。
もちろんカンニングは良いことではありませんが、浪人生の追い詰められた感じがちょっと気の毒にも思えました。
最近は事前に自分が受ける模試の問題を事前にネットで入手するのも簡単なんだとか。
私が受験生だったころには考えられないことです...

私は獣医なので当然ながら獣医学部を受験したわけですが、理系の学部なので受験科目には必ずと言っていいほど数学がありました。根っからの文系頭の私にとって数学は(というより算数のころから)敵以外の何物でもなく、小学生の頃は算数ドリルを解きながら「こんなの、計算機でやればいいじゃん...」と思い、中学生の頃は塾のクラスの問題の難度につていけず泣きながら居残り勉強し、高校生の頃は赤点を超える青点(赤点の半分の点数のこと)を取り、とにかくありとあらゆる教科の中で最も苦手で嫌いな教科でした。大学受験のときももちろん数学に足を引っ張られっぱなしだったので、もし私が今受験生だったなら藁をもつかむ思いでうっかり携帯カンニングに手を染めたのでは...と思ってしまいます。そう思うと、携帯電話もインターネットもそんなにいいもんじゃないのかな...と複雑な気持ちになるのです。。

ちゃんと実力で大学を突破できて(奇跡的だね、と高校の同級生には言われました★)よかったなぁ、とニュースを見ながら思ったのでした。



投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: