ヨメブログ

2011年2月11日 金曜日

一周忌

おはようございます。
今日は雪ですね***
この後積もる予報ですが、あんまりたくさん積もらないといいな...と思っています。
子供の頃は朝起きて銀世界になっていると「今日は雪合戦だな!」とウキウキしたものですが、大人になってしまうと雪かきをするのも億劫、足元が悪く自転車や原付に乗れないのも不便で雪は嬉しいものではなくなってしましました。
歳はとりたくないものです...

今日は当院で最初に見送ったネコちゃんの命日です。

開院当日、具合が悪く1週間ほど食欲がないといって来院したネコちゃん。
かわいい三毛猫で、名前はみーにゃん。
病院が嫌いで暴れます、と言われていたのに採血してもレントゲンを撮っても嫌がる元気がありませんでした。
病状は心配した通り、深刻でした。
余命いくばくもないことを告げねばなりませんでした。
初めて来た病院で突然余命宣告など受けて、ショックでもう来て下さらないかも...と心配していたのですが翌日からご夫婦で通ってくださいました。
それから10日間、ほぼ毎日、治療を行いながらお二人といろいろなお話をしました。
みーにゃんがお二人の箱入り娘であること。
仕事に出ている間も気が気でないこと。
ご主人が朝食を食べながら涙してしまったこと。。。。
「ここに来ておしゃべりすると気持ちが軽くなる」と言ってくださったのですが、逆に私たちのほうが開院直後の緊張を解きほぐしてもらっていました。

2月11日は祝日でお二人ともお仕事はお休み、そろって看取ってあげられましたと翌日ご報告をいただきました。
みーにゃんの穏やかな顔は、穏やかな最期を迎えられた証しでした。

来て下さった方にはできればみんな元気になってほしい、それが私たちの願いです。
でもどうしても避けられない'旅立ちの日'を、ワンちゃん・ネコちゃんにも飼い主さんにも穏やかに迎えてもらうことも大事なことだと改めて感じる今日の命日になりました。



 



投稿者 たかはし動物病院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: